釣り用の空調服を買ったのでブログで紹介する

先日、当ブログで熱中症対策として釣り用に空調服を検討した記事をアップしました。

色んなメーカーが空調服を製造販売してるので、徹底的に調べ自分にあった空調服を購入しました。

その結果、村上被服のHOOH(鳳凰)を買いました。

今回、HOOH買うに至るまでに色んなことを考えて比較してたのでご紹介したいと思います。

前回記事
ワークマンの空調服を釣り用に徹底検討した | ツルツクルアソブ
ワークマンの空調服を釣り用に徹底検討した | ツルツクルアソブ夏の昼の釣りってメチャクチャ暑くないですか?特に日中で晴れてるとき。 例えば船での鯛ラバやジギング、サーフでのキス釣りやフラット狙いなどは日陰もなく灼熱。 僕は毎...
目次

釣りの空調服にHOOHを選んだ理由

僕がHOOHを選んだポイントは以下の4点です。

  • 風量
  • バッテリー容量(稼働時間)
  • 耐久性
  • メンテナンス性

風量とバッテリー容量(稼働時間)

事前に知人から「BURTOLが一番すごいらしいよ!」とか「空調風神服がうんぬん」聞いてましたが、風量や稼働時間や重量については、カタログスペックを見る限り、どのメーカーもあまり変わらない印象でした。そして、どのメーカーも一番強い風量にすると短時間しか稼働しません。(安全面で1時間や5分に限定されてる)


自分にとって大事なポイントは8時間稼働できる設定時での風量が幾らかってことでした。
HOOHは10Vで使用すると、風量54.4ℓ/秒で8時間稼働可能。一日通して使えるので全く問題ないと判断しました。


ちなみに13Vだと風量は66ℓ/秒。ただし1時間後には自動で10Vに下がります。同梱されている説明書によると再度手動で13Vに変えれば、すぐに13Vで稼働します。そして3時間でバッテリーが空になります。(再度13Vで使えるのはカタログにも書いとけばいいのに)

耐久性

ファンもバッテリーも防塵・防滴 IP54です。
IP54が何かの規格と言うのは知ってましたが詳細は把握してないのでウィキペディアで調べたところ
1桁目の5は防塵性能で「直径1mm以上のワイヤーや固形物が中に入らない」で、
2桁目の4は防滴性能で「あらゆる方向からの飛まつによる有害な影響がない(防まつ形)」だそうです。
まぁ優しくシャワーで洗う程度であれば大丈夫かな?と解釈しました。(多分しないけど)

メンテナンス性

業界初でファン羽根を取って洗うことができます。
海水をバシャバシャに浴びるようなシーンは無いですが、多少なり海水の水しぶきやサーフの砂埃を吸ってると思うので、これは毎釣行ごとに洗い落としたかったので非常に良いと考えました。(2021年に記事を書いてる時点では洗うことができるのはHOOHだけです。)
あとPEラインを巻き込んでしまっても簡単に取れると言うのも大きなポイントです。
ファン羽根を破損してしまっても、バラで購入して交換できるというのも良いですね。

今回買ったHOOHを簡単にご紹介

ここからは写真を折り混ぜてご紹介したいと思います。

ちなみに今回買ったのはコチラ

村上被服の作業服(V5559)+バッテリーセット(V1301)+ファン(V1302)のセットです。

めっちゃ作業服感がでてます(笑)

ちなみに楽天でV5559だけで検索すると、昨年度版のスペックが低いバッテリーとファンの付いたセットも表示されるのでご注意ください。(僕はあやうく安いじゃん!って買いかけました。)

ファンユニットのスペック

さて最も大事なファンとバッテリーのスペックです。

13V 66ℓ/秒 約6時間稼働(手動で強制的に13Vで使うと3時間)
10V 54ℓ/秒 約8時間稼働
8.4V 43ℓ/秒 約11時間稼働
6V 31ℓ/秒 24時間以上稼働

早速13Vで動かしてみたところメチャクチャ涼しい!凄い風量です!!
ただファンの音も凄い凄い(笑)
隣にサビキで釣ってる人がいたら、うるさいと感じられるかもしれないぐらい。
でも8.4Vなら全然気にならないと思う。
ちなみに6Vで動かしてもパンパンに膨らむし十分涼しいです。

HOOH ファン(V1302)のメンテナンス性

こんな感じでファン羽根が外れます。

指でクルクルっと回すと
簡単に外れます

モーターの部分は普段はファン羽根が被さってます。見た目にもバッチリ防滴されてるぞって感じがして頼もしいです。

ウェア(V5559)のスペック

ついでにウェアもご紹介。

https://hooh.jp/v5559

フルハーネス対応とか全然釣りに必要ないんですが、冷感素材と言うのが気になってコチラを買いました。
ちなみに空気が動くだけで既に超快適なので、正直言って冷感素材の恩恵は全く感じてません(笑)

とまぁ、買ってみて分かったことは他にもあります。

ファン落下防止ネット

ファンカバーの代わりを果たしてくれている。

フードゴムスピンドルストッパー

フードと言うが首周りのベンチレーションは風量調節に欲しい機能

フードの滑り止め

内側にキャップを被るときに重宝する

左胸の防水ジッパー

携帯電話入れるのに丁度いい

バッテリー落下防止のジッパー

落ちる落ちないよりもポケットの中で動かない安定感

以上、少し長くなってしまいましたが村上被服のHOOHをご紹介いたしました。

早く炎天下の猛暑で活躍させたいです(笑)

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる