自作UVレジンルアーの量産完了!!

先日の型取り用透明シリコンの選定ミスにより、予定より工程が遅れましたが、新たに発注した「ボークス造形村 透明シリコン 1kg」が届いたので作業を再開。

関連記事
情景用透明シリコーンをUVレジンの型取りに使ってはいけない
情景用透明シリコーンをUVレジンの型取りに使ってはいけない先日の記事でチョイスした、Mr.情景用透明シリコーンを使って、UVレジンルアー量産用の型を作ろうとしました。しかし、Mr.情景用透明シリコーンでの型取りは失敗に終わ...

ちなみにこのシリコンは半透明だが、この程度なら問題ないことは知っている。
白のストロー越しでもUVレジンは硬化することは実証済ですからね(笑)

型取りが完了

型にエイト環をセットする

今回、ヒートンではなくエイト環を使うことにしました。
ヒートンだと、ピンバイスで穴を開けるのが面倒ですが、エイト環の場合は置いてレジンを流しこんで固めるだけと、手間が省けます。

ちなみに写真のエイト環は、楽天で以下の0.7mm径×8.7mmが100個入って1,000円のものを購入しました。


店内全品ポイントアップ中☆[GwidGet(疑似餌人/ギジェット)]ルアー パーツ アイレット用エイト環 100本入り [0.6mm径/0.7mm径/0.8mm径/1.0mm径ショート/1.0mm径ロング/1.2mm径] ステンレス製エイトリング 八の字リング

穴を開けないですむし、ヒートンよりコスパが良いし、作るより圧倒的に速いし、

何より既製品っぽくて見栄えが良い(笑)

エイト環をセットしたら型を貼り合わせ、UVレジンを流し込みUVLEDライトで硬化させます。

照射すること5分。

こんな感じになりました!

型の接合部の余分なレジンは手でちぎります。
少し残ったバリの部分は、600番→800番と紙ヤスリで削ります。
ちなみに削ると少々傷が入りますが、コーティングの工程で消えるので大丈夫です。

こいつはラメを入れてないので、ケイムラを塗ることにしました。
紫外線の有無でこんな感じ。

仕上げはウレタンコーティング。
コーティング剤は紫外線による劣化(黄変)を防ぐため、ウレタンコートMJ+にドブ漬け。

丸一日乾燥させたら、800番の耐水ペーパーで軽く表面に傷をつけて、もう一度ドブ漬けします。

最後にスプリットリングとフックを装着して完成!
もろもろで2.35g。

せっかく人にあげるんだからと、今回は3つ作りました。

上から

  • アミチラシ
  • ケイムラ(青)
  • クリアグリッター

実績カラーはクリアグリッター。
シーズン的なものだと思うけど、今のところはこれが一番釣れてる。

さて、あとはM君に渡すだけ!
早く使ってみてもらいたいね~

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる