UVレジン用の型取りに使える透明シリコンを比較

今回、UVレジン用の型取りに透明シリコンを買いあさり、色々違いがあったので比較をまとめました。

UVレジンの型取りに、透明シリコンの購入を検討されている方の参考になれば幸いです(*´▽`*)

目次

透明シリコン比較

左から

  • ボークス造形村 透明シリコン
  • デコレジーナ スーパークリアシリコーン
  • VANCE VM014 Mr.情景用透明シリコーン

手前に置いてるのは、硬化後のシリコンです。

ボークス造形村 透明シリコン


硬化時間:約24時間(室温23℃)
作業可能時間:約30分
内容量:1kg
購入価格:4,780円

UVレジンの型取りをするなら、今回比較している透明シリコンの中では一番手堅い。
しばしば品切れになることがありますが、暫くするとまた購入可能になってたりします。
あと、最近はYahooに500gのバラ売りがあるので、少しだけ試してみたい場合はそっちがオススメです。

特徴は、
透明シリコンと書かれているが、実際は半透明。
粘度がそこそこある。気泡も少し入りがちだがUVレジン用の型としては問題ない。
硬化後は柔らかく弾力があり、引っ張り強度も強い。
多少無理に引っ張ったり曲げたりしてもなんともならない。
耐熱シリコンほどは固くならはないので、彫刻刀で掘るのはほぼ無理。
しかし、カッターやハサミでの切断は可能。
デコレジーナのスーパークリアシリコーンほど引っ張って伸びる感じではない。

デコレジーナ スーパークリアシリコーン


硬化時間:約24時間(室温23℃)
作業可能時間:2時間
内容量:242g
購入価格:4,180円

単価は高いが、時点のオススメ。
少量でよいのであれば、ボークス造形村より手軽に購入できます。
一応、これ1つだけでも60mm程度(レジンで言うと3g程度)のルアーの型は5個ぐらい作れると思う。

特徴は、
完全に透明。
結構粘度がある。気泡が入りがちだけどUVレジンを硬化させるには問題ない。
かなり頑丈。強い弾力があり、伸びるけど瞬時に元に戻る。
180度ぐらい折り曲げても全然割れない。
と言うか、恐らく相当な力で引っ張らないと切れたり割れたりしない。

加工性は、造形村と同様。彫刻刀は無理だがカッターやハサミは可。
注意点としては、水分がほんの少しでも入ると、硬化不良が発生する。
だから、お湯で温めて整形したおゆまるとの相性は悪い。水を使わない方法で整形した、おゆまるなら大丈夫。
あと硬化剤が水飴みたいにドロッとしてるので、若干計量しにくい。
(重量242g中の22gは硬化剤)

VANCE VM014 Mr.情景用透明シリコーン


硬化時間:16時間(室温23℃で厚み1cm)
作業可能時間:40分
内容量:400g
購入価格:2,750円

完全に透明。
UVレジンの型取りようにはコレが最も安くて最低限の量で買えるが、型取り用途には向かない。
硬化後は柔らかいが伸びが少ない。強く捻ったり引っ張ったりすると割れる。

サラっとしてるので、流し込みやすく気泡とは無縁。
あまりにサラッとしてるので、流し込む際に液漏れしやすい。
隙間をテープなりで丁寧にふさぐ必要がある。

厚みを多めにすれば、割れにくくなるので使えないこともないが、そのぶんシリコンが多く必要になるので、素直に型取りに適した別のシリコンの購入をオススメします。

共通点

  • 紫外線を通すので、UVレジンの硬化に使える。
  • 刺激臭はない。(シリコンシーラントみたいな匂いは感じない)
  • 硬化中も硬化後も透明。造形村に限り半透明。
  • 離型剤はリップクリームでも大丈夫。(僕はメンソレータムを使用)
  • だいたいの物からは剥がれてくれる。(シリコンシーラントはだいたいの物にくっつく)

まとめ

色んな型をたくさん取りたい人には、「ボークス造形村 透明シリコン」をオススメします!

初めてシリコンを硬化させるとか、少しだけお試しにって考えてる人には、「デコレジーナのスーパークリアシリコーン」をオススメします!

以上、UVレジン用の型取りに使える透明シリコンの比較でした。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (1件)

  • とても良い内容の記事です。
    仕事でボークスもデコレジーナも使いますが
    ボークスは常温保存すると3ヶ月くらいしたらボロっと千切れやすくなります。対策のおすすめは冷凍庫保存です。UVレジンとの相性は良いのですが相性がいいものと悪いもので差があるのが特徴です。大抵は10回くらいです。
    対してデコレジーナは本当に気泡が手強いです。あと型取りする際に薄いところは千切れて損失しやすいです。作って終えばUVレジンに対して強く、ボークスのモールドより2倍くらい持ちます。
    また、刺し傷に強く、針で刺しても隙間が埋まってくれる特徴などがあり上質だと思います。
    ボークスのシリコンに対してデコレジーナのシリコンの相性が悪く、ボークスのシリコンの型取り後に少しでもシリコン(硬化剤)が残るとデコレジーナが固まらないってことが起こりますね。

コメントする

目次
閉じる