自作UVレジンルアー第三弾 ぶっ飛んで且つスローに誘える三角鉛筆Bold65SSの誕生

自作UVレジンルアー第三弾

予定通り、三角鉛筆65SSの太い版を作りました。
そして、ついに欲しかった飛距離を手に入れました!

その名も三角鉛筆Bold 65SS。
まんまです(笑)

今回使ったブランクは画像の太いほうで、公文の幼児用の鉛筆です。
ちなみに細い方が三角鉛筆65SSのブランクです。

目次

詳細

名称:三角鉛筆Bold65SS
全長:65mm
重量:5.5g
種類:シンキングペンシル(スローシンキング)
原価:300円弱

どれぐらい飛ぶかと言うと、メバペンマグナム(7.7g)よりちょっと飛ばない程度に飛びます!
まぁメバペンマグナムには重量的に負けてるので勝てないですね。
でも55mmのクランクやシンキングミノーよりは余裕で飛びます。

  • アクション
    全般的に、三角鉛筆65SSを大味にした感じ。
    ということで、大味にはなってるものの、UVレジン単体(シンカー無し)でウォブンロールし、ダート、バックスライド、イレギュラーな横スライド等は一通りこなします。
  • ウォブンリング
    幅が大きく、回数が少ない。
  • ダート幅
    トゥイッチした時のダート幅が大きい。これぞダートと言う感じ。
  • テンションフォール
    ヒラヒラとテールを振る幅が大きい。
  • イレギュラーな横スライド
    頻度は変わらないがアクションが強くでる傾向にある。
  • 沈下速度
    重量の割に三角鉛筆65SSと殆ど変わらなかった。腹側の抵抗が大きいためか、比重的に影響が少ないからなのか、リトリーブする速度やレンジも重量の割に殆ど変わらない。

実釣テスト


うん。まぁ釣れると言うことは知ってます。

漁港で飛距離とアクションを確認していたら少し沖でヒットしました。
クリアカラーが効いてるのか、アクションが効いてるのか、型を選ばなければメバルが居るところを通せば幾らでも釣れます。

今後の予定

今回もアクションや飛距離など、非常に満足のいくものができました!
しかし、もっともっと巨大化させても大丈夫なんじゃなかろうか?という興味が出てきました。

巨大化できる方法は2点

  • 太くする
    今回は「くもんの三角鉛筆」をブランクにしましたが、同じくもんから出ている、三角クレヨン」の存在を思い出したので、こんどはそれを使って作ってみたいと思います。
    同じ65mmにしても重量的には10g弱ぐらいになるか?細長いより太い方が同じ重量でも良く飛ぶ。恐らく動きもクイックになることが予測される。
  • 長くする
    30mm長くして「三角鉛筆Bold 95SS」を検討。
    理由はメバペンよりメバペンマグナムに軍配が上がった日があるから。
    ビッグシルエットの方が強い日もあると考えると、バリエーション持ってても良いかな~と思った。(ダイソーのミノーモンスターに食ってくるぐらいなんで、全然大丈夫だと思う)

以上、2点。

でき上がったらまたレポートします!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる