鯛ラバのネクタイユニットを激安で自作する【1個10円】

鯛ラバのネクタイユニットを激安に自作する方法をご紹介します。

と言っておきながら、すみません。

先に申し上げますと、ネクタイ自体の作成方法ではありません。

ネクタイを挟むユニットの作成方法です。

ちょっと思ってた内容と違うなと思ったら、容赦なくブラウザの戻るボタンでお戻りください。

もし、一応少し見てやるかと思われたら、最後までご覧いただけると幸いです。(画像ばっかですが、逆に文ばっかよりは参考にはなるかと)

ちなみに先日ご紹介しましたフックユニットにも装着可能です。

目次

必要なもの

  • 針金 外形1.6mm ダイソーで購入
  • ロリポップスティック セリアで購入
  • 紅牙 シリコンチューブαR
  • ライター

これで100個作成が可能です。

材料となるロリポップスティックは100円、シリコンチューブαRは約400円なので、1個あたりの単価は5円ということになります。激安です(笑)

以下、作成手順です。

作成手順

◆ 針金を10cm程度で切る

ここのポイントは、針金の外径が1.6mmということです。

ちなみに、これより太いとロリポップスティックに通せず使えません。

◆ロリポップスティックを切る

ニッパー等で、ロリポップスティックを約8mm切ります。

端が少々つぶれても問題ありません。長さも7~9mmで切れてれば大丈夫です。

◆シリコンチューブαRを切る

カッターやハサミ等で、シリコンチューブαRを約5mm切ります。

できるだけ、切断面が真っすぐになるように切ります。

ハサミよりも、カッターマットの上に置いてカッターで切る方が真っすぐに切りやすいです。

◆ロリポップスティックにシリコンチューブαRを通す

こんな感じで、先の工程で切断した2つのパーツを組み合わせます。

シリコンチューブαRがロリポップスティックの真ん中に来るようにします。

ロリポップスティックの外径とシリコンチューブαRの内径がピッタリなのです。

◆針金にとおす

次の工程でライターであぶるので、そのために上記で作成したパーツを針金に通します。

◆ライターであぶる

ロリポップスティックをあぶります。

針金をクルクル回しながら、ロリポップスティックの部分をライターであぶります。

ポイントは、できるだけロリポップスティックの外径だけを溶かすことと、シリコンチューブαRには火をあてないことです。(と言っても多少は火があたって焦げても大丈夫です)

あぶるとこんなふうに、丁度良い感じにロリポップスティックが溶けてシリコンチューブαRの横に被さって段差ができます。(この段差がネクタイのズレ防止機能を持ちます。)

形が気に入らなかったら、ヤスリで削って整えます。(あぶりすぎた場合など)

◆ネクタイをセットする

ロリポップスティックからシリコンチューブαRを取り外し、シリコンチューブαRにお好みのネクタイを通ります。

ネクタイとネクタイの間に、ロリポップスティックを押し込みます。

押し込み切ると段差でとまり、こんな感じになります。

フックユニットに被せるとこんな感じですね。

釣行前に何パターンかネクタイを通したものを作っておくと使い勝手が良いです。(船の上でネクタイを通す時間が勿体ないし、船酔いしやすくなるので)

以上!参考になれば幸いです!

関連記事
鯛ラバのフックを簡単に自作する【バランスが大事】
鯛ラバのフックを簡単に自作する【バランスが大事】鯛ラバしてたら、サワラやタチウオにフックを切られることがありませんか?財布に優しくないので自作しようって思うものの、ユニットのバランスが悪いとフックがリーダ...
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる